トップページ > 診療支援部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科紹介

リハ科基本方針

スタッフ一人一人が職員としての自覚を持ち、患者様の立場に立って行動します。また、常に自己研鑽に励み質の高い医療を提供する事を心掛けます。

 当院リハビリテーション科では、「がんリハビリテーション」「運動器リハビリテーション」「心大血管リハビリテーション」の3本柱で専門性を活かしたリハビリテーションを行なっています。また、平成29年6月より365日リハビリテーションを行える施設となり、患者様の早期在宅・社会復帰を目指します。

リハビリテーションスタッフ

医療技術長  前田比呂志
副医療技術長 森勇二
主任     高山将史
理学療法士  14名

がんリハビリテーション研修終了 11名
心臓リハビリテーション指導士 1名
リンパ浮腫セラピスト認定資格 1名
(日本リンパドレナージスト協会)

リハビリテーション施設基準

がん患者リハビリテーション料
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)
リハビリテーション施設基準

訓練内容

理学療法

がんリハビリテーション

 がん患者様のリハビリテーションでは、「がんのリハビリテーション研修」を終了したリハビリ職員が、がんの特性や治療による合併症を考慮し、最大限の身体的、社会的、心理的、職業的活動を実現するサポートを行っております。
 乳がんに対するリハビリテーションでは、乳がんの手術をされた方や、放射線・抗癌剤治療を行っている方で自宅退院に向け体力つくりが必要な方に対してリハビリテーションを行っています。

運動器リハビリテーション

 骨折や変形性関節症、関節リウマチなどの関節機能低下、頸椎や腰椎が悪くなる脊椎疾患、スポーツによる運動器の障害などの患者様に対し、筋力強化やストレッチ(運動療法)や物理療法を用いて、筋力や関節の可動域改善を図り、日常生活動作の獲得や障害された機能を可能な限り改善し、職場復帰など社会活動を行えることを目指して行なっています。

心大血管リハビリテーション

心臓リハビリテーションでは、心機能の低下によってもたらされた全身の機能低下を回復させ、再発や新たな発症を防ぐために運動療法や食事療法など総合的なプログラムを行います。

物理療法

 物理療法機器(首および腰の牽引・ホットパック・マイクロ波・干渉波・低周波・超音波など)を用いて物理的エネルギー(熱・光・電気など)を利用し、体の痛みの軽減や血液循環の改善、リラクゼーションなどを目的とした治療を行っています。

レッドコードによる運動レッドコードによる運動
歩行訓練歩行訓練
自転車エルゴメーター自転車エルゴメーター
物理療法(マイクロ波)物理療法(マイクロ波)

学会実績発表

  • 平成30年5月 第26回日本乳癌学会学術総会
    佐伯PT「乳癌術後リンパ浮腫・上肢機能障害予防」
  • 平成30年11月 第33回日本臨床リウマチ学会
    村井PT「関節エコー所見を客観的に評価して運動療法の負荷を検討した1例」
  • 令和元年9月 第58回九州リウマチ学会
    村井PT「関節リウマチの疾患活動性と精神状態の関係性を考慮し早期に理学療法を試みた一例」

行事実績

平成30年11月13日「第1回出張健康イベント」

 地域の方々の健康増進を目的に、大江公民館において大腸肛門病センター高野病院と共同にて開催され約90名の参加がありました。
14日の「世界糖尿病デー」に伴い、医師・管理栄養士による糖尿病に関する健康講話、
保健師、管理栄養士、薬剤師等による健康測定や健康相談を実施し、理学療法士からは運動指導を行いました。

令和元年10月19日「第27回くまもと森都・市民講座」

 「リウマチ性疾患におけるゲノムとは」についてリウマチ膠原病内科の高岡医長より講演会が行われました。その後、リハビリテーション科の村井PTより「正しい運動方法と生活動作の注意点」について、リハビリテーションの観点から写真提供を含めた話をしました。当日は、約90名の参加があり最後には多数の質問が上がりました。