リウマチ・膠原病内科

リウマチ・膠原病内科

当科の特徴

 当科では、関節リウマチ、リウマチ性多発性筋痛症、成人発症スティル病などの炎症性疾患および全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、ベーチェット病といった膠原病内科の診療を中心に他科と連携し診療を行っております。
 関節リウマチにおける細胞内シグナル伝達阻害剤、新たなサイトカイン阻害剤、複数の新規薬剤の臨床治験に取り組んでおりますが、最新の治療を安全に提供できるよう日々努力を積み重ねております。国立病院機構を中心とした関節リウマチの他施設共同臨床データベース(Ninja)の関連施設として全国レベルでの臨床研究も継続中であり、また他にも長崎大学リウマチ膠原病内科を中心とした九州地区他施設共同超音波前向きコホート研究にも参加しています。
 さらにリウマチ専門研修施設病院の一つとして、リウマチ性疾患に携わる医療スタッフや後進の育成にも積極的に取り組んでいます。

統計グラフ

リウマチ・膠原病内科症例数推移

リウマチ・膠原病内科症例数推移