トップページ > チーム医療 > 乳がんチーム医療研究会

乳がんチーム
医療研究会

乳がんチーム医療研究会について

はじめに

西村令喜

チーム医療という診療体制がわが国に登場して10年以上になりますが、チーム医療とは一人ひとりの患者に対し、関連する専門職が集まり、チームとしてケアに当たることと定義できます。チームとして機能していない普通の医療システムでは、患者への治療やケアの内容を担当医が決定し、看護師、薬剤師、栄養士などの各専門職に指示するという一方向のみの指示伝達体制です。しかし、より高度化・専門化した現在の医療システムにおいては各専門職の知識・情報、患者さんへの直接のケア、説明が患者さんにとって重要で必要なものであり、ひいては患者さんの理解が得られ、ともに治療へ取り組むことが出来ると考えられます。このように現在は患者の状態に応じて複数の科、複数の職種にまたがるチームで医療サービスを提供していくのが一般的であり、患者およびその家族もチームの一員としてとらえることが重要と考えています。そして最も必要なことは我々医療従事者が真摯に患者さんに向き合い、研鑽を積み、情報を共有することです。このことを踏まえ、乳がん診療に関わるスタッフが一同に会し、情報共有・ディスカッションを行うチーム医療研究会を開催しています。

乳がんチーム医療研究会について

平成29年度の研究会の内容

平成27年度に乳腺センターを開設してから乳癌チーム医療研究会を毎月開催しています。毎日の診療においてもっとも重要なことは”患者さんの満足度を高める”ことです。不安を抱え受診される方、がんの告知を受けて途方にくれている方、そして治療法選択に迷われている方などそれぞれの立場でそれぞれの心配や悩みがあります。これらをチームとして支え、少しでも現状を理解して頂き、十分な説明を踏まえ、悩みや心配の解決が出来ればと思います。そういう中で毎月、各分野で患者さんに関わるスタッフが一同に会し、話し合いを行っています。今後も患者さんのためにより良い医療の実施が可能となるように努めて行きたいと思います。

画面を指で左右にスライドしてください
開催日内容
乳がんチーム医療研究会
(第18回)
平成29年4月28日(火) ①各部門での問題点 ②各部門での連携が必要なところ ③患者さんの待ち時間短縮のためにできること ④入院での活動報告と役割
(乳腺外来・放射線技師・臨床検査技師・病理技師・地域連携室、相談室)
乳がんチーム医療研究会
(第19回)
平成29年5月23日(火) 嘔気・嘔吐 各担当者からのミニレクチャー
①乳癌患者に起こる嘔気・嘔吐:乳腺センター医師 ②嘔気・嘔吐のある患者へのケア 3西病棟外来 ③制吐剤について :薬剤師 ④食事の工夫 :栄養士
乳がんチーム医療研究会
(第20回)
平成29年6月27日(火) 画像診断
1、画像診断センターの紹介:放射線科医師 2、乳房MRIについて:放射線技師 3、マンモグラフィについて 4、その他のモダリティについて
乳がんチーム医療セミナー平成29年7月28日(金)
メルパルク
・「乳がん治療およびサバイバーシップ~チームでのサポート体制~」 ・「相談支援センターの活動について~サバイバーシップの視点から~」
乳がんチーム医療セミナー
(第20回)
平成29年9月26日(火) ・リハビリテーヒョン科の紹介
・乳がんリハの現状と課題について
乳がんチーム医療セミナー
(第21回)
平成29年10月24日(火) 「治験について」
乳がんチーム医療セミナー
(第22回)
平成29年11月28日(火) 各部門からの現状報告
①医師 ②乳腺センター看護師 ③外来化学療法 ④3西病棟 ⑤リハビリ科 ⑥病理診断科 ⑦放射線科 ⑧生理検査科 ⑨栄養科 ⑩手術室 ⑪歯科口腔外科 ⑫薬剤部 ⑬地域連携室 ⑭医事課
乳がんチーム医療セミナー
(第23回)
平成30年1月23日(火) 国際学会報告  San Antonio乳癌シンポジウム報告
乳がんチーム医療セミナー
(乳癌病薬連携セミナー)
平成30年2月9日(金) ①乳癌化学療法~注射剤と経口抗がん剤について~ ②経口抗がん剤を使用する患者への院内の取り組み
~当院から調剤薬局への発信~
③調剤薬局と院内薬局の違いを踏まえた今後の取り組み ④再発乳がん患者のケア~あなたらしさを支える当院の取り組み~
乳がんチーム医療セミナー
(第24回)
平成30年3月27日(火) ①リムパーザの紹介 ②各専門職の立場から
「オラパリブ使用時の問題およびチームの活動に求める点」
画面を指で左右にスライドしてください