トップページ > 病院について > 理念・基本方針 > くまもと森都総合病院パートナーシップ

くまもと森都総合病院パートナーシップ

 くまもと森都総合病院では、「地域の患者の皆さんの命と健康を守ることを当院の使命」と考えており、「地域に愛され、親しまれる病院を目指します。」を基本理念としています。
 良質な医療を提供するためには、患者さんだけの思いや医療者だけの考え、どちらか一方だけでは良質な医療は提供できません。
 患者さんと医療者が相互信頼を深め、お互いが尊重し合う精神とお互いが意思決定に参加すること、すなわち患者さんと医療者とのより良いパートナーシップ(対等な協力関係)があって、初めて良質な医療が実現できます。
 患者さんとのより良いパートナーシップを築くために、私たちは常に患者さんやご家族の声に耳を傾けるよう努めて参ります。問いかけや言葉かけなど、患者さんと医療者との対話が先ず1歩です。ご不明な点、お困りごと、どのような些細なことでも構いませんので、担当者にお声掛けください。

 当院では以下のような取り組みを行っておりますが、より良いパートナーシップを築き、良質な医療を実現するには、患者さんに積極的に医療に参加して頂かねばなりません。
 はっきりとした意思表示や守っていただかねばならない事もありますので、ご協力をお願いいたします。

  1. 患者さんの知る権利と自由意志を尊重したインフォームド・コンセント
     患者さんの知る権利と自由意志を保証、尊重し、分かりやすい説明を行って十分理解し、納得していただき、同意していただくこと(インフォームドコンセント) が大変重要です。
    ①文書で、分かりやすく、懇切丁寧な説明を心掛けています。
    ②治療方針に関しては、ご本人の意見をよく聞いて、一緒に意思決定を行っています。
    また、別の病院や医師へのセカンドオピニオンを保証し、ご本人の自由意志による同意を支援していますので、ご遠慮なくお知らせください。
  2. 安全な医療の確保と生活支援
     患者さんとのより良いパートナーシップを築くため、また安全な医療を提供するために、患者さんにも積極的に医療へ参加していただき、私どもと一緒に、より良い医療を築いていただきたいと願っていますので、ご協力をお願いいたします。
    ①名前、生年月日、アレルギー歴等の確認には、ご協力をお願いいたします。
    ②安全な入院生活のために患者さんやご家族にも参加をお願いします。(転倒予防のための評価を行い、転倒防止に努めています。)
    ③外来の採血時には、お名前をフルネームで応えていただき確認しています。
    ④注射時には、注射箋を一緒に見てもらい、ご本人と確認の上で実施していきます。
    ⑤がん化学療法時には、副作用の症状を把握し、化学療法が安全、確実に行えるように、支援しています。
    ⑥がん性疼痛をご自分でコントロールできるように、当院ではご支援のためにフェイススケール(痛みの程度を表す表情の顔絵)の記入を勧めています。
    ⑦ストマの自己管理は実際にご自分で行っていただくよう指導しています。
    ⑧生活習慣病関係のセルフコントロールを支援しています。
    ⑨患者さんやご家族にご協力・ご理解していただきたいことがあります。
    • 医療安全を確保するための規則や他の患者さんとの共同生活を維持するための約束事をお守りください。
    • 安全な医療を提供する努力はしておりますが、医療には絶対ということはありません。
      想定外の事態が起こる可能性があることをご理解ください。
  3. 患者参加型の看護計画の実施
     患者さんご自身が健康上の問題を解決できるように支援いたします。そのためにご本人やご家族の意見を聞き、ご自身にもケアプラン立案に参加していただき、ご本人やご家族の意向に沿った看護を実施いたします。
  4. クリティカルパスの積極的な導入
     治療開始前に、分かりやすい治療計画、予定表(クリティカルパス)をお渡しして、治療経過を理解していただきながら治療・看護を行っています。
  5. 在宅支援
     在宅酸素療法。在宅中心静脈栄養等在宅療養が行えるよう体制を整えています。点滴の処置や、器具の取り扱い等について、ご本人やご家族が安全、確実に実施できるまで練習を指導し、安心して在宅療養ができるように支援しています。
  6. ご意見箱の設置
     随所にご意見箱を設置しております。ご自由にご意見をお寄せください。ご意見に対するご返事は、個別に行ったり、掲示するなど適切に対応しています。