トップページ > チーム医療 > 乳がんチーム医療研究会

乳がんチーム
医療研究会

乳がんチーム医療研究会について

はじめに

西村令喜

チーム医療という診療体制がわが国に登場して10年以上になりますが、チーム医療とは一人ひとりの患者に対し、関連する専門職が集まり、チームとしてケアに当たることと定義できます。チームとして機能していない普通の医療システムでは、患者への治療やケアの内容を担当医が決定し、看護師、薬剤師、栄養士などの各専門職に指示するという一方向のみの指示伝達体制です。しかし、より高度化・専門化した現在の医療システムにおいては各専門職の知識・情報、患者さんへの直接のケア、説明が患者さんにとって重要で必要なものであり、ひいては患者さんの理解が得られ、ともに治療へ取り組むことが出来ると考えられます。このように現在は患者の状態に応じて複数の科、複数の職種にまたがるチームで医療サービスを提供していくのが一般的であり、患者およびその家族もチームの一員としてとらえることが重要と考えています。そして最も必要なことは我々医療従事者が真摯に患者さんに向き合い、研鑽を積み、情報を共有することです。このことを踏まえ、乳がん診療に関わるスタッフが一同に会し、情報共有・ディスカッションを行うチーム医療研究会を開催しています。

乳がんチーム医療研究会について

平成27年度の研究会の内容

患者さんの満足度を高めるために各々の職種がどのように関わり、お互いに仕事内容、関わりを理解することが必要です。毎日の診療において多くの患者さんが不安を持って訪れ、乳がんの告知を受け、治療に向かわれています。こういう毎日の関わりはもっとも重要ですが、基本的に月に1回皆で集まり勉強会を行っています。この1年間の内容を以下に紹介させていただきます。

平成27年度の研究会の内容