臨床検査科

臨床検査科

臨床検査科紹介

臨床検査は病気の診断をするために、様々な検査を行い得られたデータを解析し疾患の早期発見、治療方針、治療効果の判定などに貢献します。
当院検査室は信頼のある質の高い検査を目指し、精度管理に重点を置きチーム医療に徹し、高度医療向けて取り組んでいます。
部門としては、生化学・免疫血清検査、血液検査、一般検査、細菌検査、病理・細胞診検査、生理検査、採血部で構成し、新しい技術を要する機器を備え、技師の高い専門的な知識と精度で迅速に対応しています。

臨床検査科紹介

主な検査内容

生化学・免疫検査

生化学検査では各臓器の機能検査や酵素、電解質、無機質検査をはじめ、生活習慣病の糖尿病検査や脂質検査、痛風検査などにくわえリウマチ検査なども実施しています。
免疫検査では、炎症反応、甲状腺機能関連ホルモン、肝炎ウイルス関連検査、各種腫瘍マーカー(肝臓、乳腺、消化器など)、心臓マーカーの検査を実施しています。

血液検査

血液疾患の貧血、白血病、DIC(播種性血管内凝固症候群)などの診断に用いる赤血球、白血球、ヘモグロビン、血小板、出血凝固関連検査、または白血病診断のための末梢血や骨髄液の細胞分類検査を実施しています。

一般検査

病気診断の初期検査として尿中蛋白、糖、血球成分検査、顕微鏡による細胞成分の形態学検査、便による大腸癌のスクリーニング検査を実施しています。

微生物検査

感染症原因微生物を特定するために、各種生体材料を用いた原因菌の培養、菌種同定を行い有効薬剤の確認をします。他に院内サーベイランスを実施し院内感染防止に寄与します。

病理検査

組織や細胞検体を材料としてガラス標本を作成し、病理医あるいは細胞検査士が顕微鏡検査を行うことにより、がんやその他の病気の診断を行い、治療の必要性や具体的な治療法の決定を行うことにより患者さんに貢献しています。

生理検査

生体検査として心電図、運動負荷心電図、24時間心電図、血圧、超音波検査(心臓・頸動脈)、睡眠時無呼吸症検査、脳波検査、CAVI/ABI、肺機能検査を実施しています。