トップページ > 診療支援部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科紹介

明るい笑顔と思いやりをモットーに、身体機能や動作能力が低下し、日常生活(更衣・整容・トイレ・入浴など)がお困りの患者さんに対し、可能な限りの要望を取り入れ、安心安全な日常生活、社会活動が充実できるようなリハビリテーションを心がけて、業務を行っています。

リハビリテーション科紹介

主な検査内容

物理療法室

物理療法機器(首および腰の牽引・ホットパック・マイクロ波・干渉波・低周波など)を用いて、物理的エネルギー(熱・光・電気など)を人体に応用し、痛みの軽減や血液循環の改善、リラクゼーションなどを目的とした治療を行っています。また、運動療法を実施する準備として、物理療法を活用しています。

機能訓練室

機能訓練室では、機能的な運動=日常生活に必要な筋力と持久力を強化し、日常生活に必要な身の回りの動作を安定かつ円滑に行うことを目的に訓練を行っています。また機能障がい(手足などが障がい)がある患者さんに対し機能の維持や向上、残存能力(障がいされていない残された手足など)の活用を目的として訓練を行っています。
例えば、歩行や着替えるために足を動かしたり、腕を動かしたり、車椅子を操作したり、車椅子に乗り移ったりという日常動作を安定かつ円滑にできるようにする為の訓練を行っております。