乳腺センター

診療実績および臨床研究業績診療科紹介

平成27年4月に新しくオープンしました乳腺センターです。
スタッフ一丸となり患者さん中心のチーム医療に努めています。開設以来の診療実績および学会発表や論文などの業績を紹介します。

手術症例数

    乳腺センターがオープンした4月・5月は診療体制を整えることが第一の目標でしたが、乳がんチーム医療研究会が発足し、患者さんのためという共通の目標を掲げることにより診療体制が次第に整ってきました。そういう状況のなか多くの患者さんに来院頂き、順調に手術症例数は増えてきています。表に示しますように1年間の手術症例は悪性・良性疾患合わせて294例でした。うち乳がん初発例に対する手術は266例でした。近年の特徴としては乳房温存手術よりも乳房切除症例が多くなってきていることです。これには以下の理由が考えられます。
  • 術前MRI検査の進歩により別の部位(手術予定している側の乳房内に新たながんが見つかる場合・反対側の乳房に新たにがんが見つかる場合)に小さながんが発見される ことが多くなった
  • 乳房切除~乳房再建を選ぶ方が増えてきた
  • 遺伝性乳がんでは乳房切除が勧められている
  • 乳房温存手術のあとに、温存した乳房から新規の乳がんが発生するリスクを心配して
  • などが考えられます。しかしながら、いずれの場合も適切な診断のもと患者さん、家族の方と十分な話し合いを行った上で手術方法を決定しています。
    ※表は27年度実績
初発乳がんの手術
再発乳がんの手術

化学療法

乳がんの治療において重要なものとして抗がん剤や分子標的治療薬による薬物療法があります。手術後の再発予防の目的で行われる術前後の治療と再発後に行われる治療の2種類があります。これらを外来通院あるいは入院で行っています。以下に平成27年度の治療件数を示しますが、外来・入院併せて1326件の治療を行いました。
※表は27年度実績

化学療法の件数