乳腺センター

診療実績および臨床研究業績診療科紹介

平成27年4月に新しくオープンしました乳腺センターです。すでに2年を過ぎましたが、昨年は4月の熊本地震の影響から診療制限(手術、入院など)を行う場面も多く、多くの方々にご迷惑をおかけすると同時に、多くの方々からは励ましのお言葉をかけていただきました。改めて御礼を申し上げます。
平成29年4月には新しい病院が完成し、広くなった乳腺センターで新たなスタートを切りました。スタッフ一丸となり患者さん中心のチーム医療に努めています。開設2年目の診療実績および学会発表や論文などの業績を紹介します。

手術症例数

乳腺センター開設の最初の1年間の手術総数は296例でしたが、2年目の平成28年度は336例の手術件数でした。うち乳がん初発例に対する手術は266例、昨年が300例でした。昨年度は熊本地震、年度末は新病院への引越しなどで大変でしたが、スタッフ全員、心機一転でがんばっています。

    近年の特徴としては乳房温存手術よりも乳房切除症例が多くなってきていることです。これには以下の理由が考えられます。当院では乳房温存手術時に取りきれているかどうかを手術中に病理診断を行っており、(断端陽性による)再手術の回避が可能となっています。
  • 術前MRI検査の進歩により別の部位(手術予定している側の乳房内に新たながんが見つかる場合・反対側の乳房に新たにがんが見つかる場合)に小さながんが発見されることが多くなった
  • 乳房切除~乳房再建を選ぶ方が増えてきた(現状は乳房切除される方の10人に一人が実施しています)
  • 遺伝性乳がんでは基本的に乳房切除が勧められている
  • 乳房温存手術のあとに、温存した乳房から新規の乳がんが発生するリスクの心配
  • などが考えられます。しかしながら、いずれの場合も適切な診断のもと患者さん、家族の方と十分な話し合いを行った上で手術方法を決定しています。
※表は28年度実績
画面を指で左右にスライドしてください
平成28年度
手術の内訳
初発再発良性
乳房
切除
同時
再建
乳房
温存
腫瘍
摘出
再発
腫瘍
リンパ
節郭清
良性腫
瘍、他
合計
(件)
28年4月603000110
5月1508020026
6月2016020130
7月1926100127
8月1818030132
9月20211041339
10月13112121029
11月17215000235
12月19214030137
29年1月2625410134
2月1027110019
3月8110020020
合計19116105420211338
画面を指で左右にスライドしてください
> 平成27年度実績

化学療法

乳がんの治療において重要なものとして抗がん剤や分子標的治療薬による薬物療法があります。手術後の再発予防の目的で行われる術前後の治療と再発後に行われる治療の2種類があります。これらを外来通院あるいは入院で行っています。以下に平成28年度の治療件数を示しますが、外来(2,637件)・入院(1,985件)併せて4,622件の治療を行いました。地震の影響で治療件数は4月以降やや少ない状況でしたが、何とか外来での治療で患者さんには頑張っていただきました。平成29年度は新しい病院へ移転したこともあり、順調に治療を継続しています。
※グラフは28年度実績

化学療法の件数
> 平成27年度実績

乳がんチーム医療研究会

平成27年度に乳腺センターを開設してから乳癌チーム医療研究会を毎月開催しています。毎日の診療においてもっとも重要なことは”患者さんの満足度を高める”ことです。不安を抱え受診される方、がんの告知を受けて途方にくれている方、そして治療法選択に迷われている方などそれぞれの立場でそれぞれの心配や悩みがあります。これらをチームとして支え、少しでも現状を理解して頂き、十分な説明を踏まえ、悩みや心配の解決が出来ればと思います。そういう中で毎月、各分野で患者さんに関わるスタッフが一同に会し、話し合いを行っています。今後も患者さんのためにより良い医療の実施が可能となるように努めて行きたいと思います。

画面を指で左右にスライドしてください
1乳がんチーム医療
研究会(第11回)
乳がん4月、5月は地震で中止各部門での活動報告と役割
2乳がんチーム医療
研究会(第11回)
乳がん平成28年6月28日(火)各部門での活動報告と役割
(乳腺外来・放射線技師・臨床検査技師・病理技師
 ・地域連携室、相談室)
3乳がんチーム医療
研究会(第12回)
乳がん平成28年7月26日(火)各部門での活動報告と役割
(病棟看護師・薬剤師・外来化学療法室・栄養室・リハビリ)
4乳がんチーム医療
セミナー
乳がん平成28年8月5日(金)
メルパルクホール
・「病理診断科のチーム医療への取り組み」
・「各施設におけるチーム医療の実際
   ~集学的治療・各職種の立場から~」
5乳がんチーム医療
セミナー(第13回)
乳がん平成28年9月27日(火)各部署からの報告
 ①歯科
 ②手術室
 ③医事課
学会報告
 米国臨床腫瘍学会からの報告
6乳がんチーム医療
セミナー(第14回)
乳がん平成28年10月25日(火)骨転移
 ①乳癌の転移
 ②メタストロン注について
 ③ゾレドロン酸及びデノスマブ使用時の注意点
 ④骨転移のある症例へのケア
7乳がんチーム医療
セミナー(第15回)
乳がん平成28年11月29日(火)周術期管理
 ①麻酔および術後疼痛管理
 ②入室・体質時の安全管理
 ③病棟における術後患者のケア
 ④術前中止約の管理
8乳がんチーム医療
セミナー(第16回)
乳がん平成29年1月24日(火)国際学会報告 San Antonio乳癌シンポジウム
9乳がんチーム医療
セミナー(乳癌病薬連携セミナー)
乳がん平成28年2月28日(火)
メルパルクホール
①乳癌化学療法
  ~注射剤と経口抗がん剤について~
②経口抗がん剤を使用する患者への院内の取り組み
  ~当院から調剤薬局への発信~
③調剤薬局と院内薬局の違いを踏まえた今後の取り組み
④再発乳がん患者のケア
  ~あなたらしさを支える当院の取り組み~
10乳がんチーム医療
セミナー(第17回)
乳がん平成29年3月28日(火)①国際学会報告
 15th St.Gallen International Breast canser Conferrence
②新病院での抱負
画面を指で左右にスライドしてください