トップページ > 診療科のご紹介 > 麻酔科・ぺインクリニック

麻酔科・
ペインクリニック

受付後、2階麻酔科(ペインクリニック) にお越し下さい。

麻酔科・ぺインクリニック

診療科紹介

手術中の安全な麻酔管理は勿論、手術中、術後の痛みからの開放を実践しています。

ペインクリニック(麻酔科外来)では神経ブロックを中心に針治療なども併用し、患者さんの病状にあったきめ細かい治療を目指しています。

ペインクリニック治療のなかでも、特に帯状疱疹後神経痛、CRPSなどの神経障害性疼痛や脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などの腰痛などに興味をもって治療を行っています。

診療科紹介

麻酔科・ぺインクリニック

星状神経節ブロック

顔面麻痺、顔面や頚部の帯状疱疹、筋緊張型頭痛、その他頚肩部の痛み、など

硬膜外ブロック

椎間板ヘルニア、その他の脊髄に関連する痛み、帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛、外傷や手術後の下半身の痛み、動脈硬化や糖尿病などに起因する下肢の痛みなど

ITSS

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、頚椎症などで、定期的にくも膜下にステロイドを投与する積極的な治療を行い、多くの患者さんに大変役立っています。
神経根ブロックと同様の効果が考えられますが、外来で定期的にできることで、長期に渡る治療が可能で、脊椎疾患の場合、脊椎手術前の保存的治療や同手術治療後に起こる痛みの治療として有用です。

三叉神経ブロックなどのその他の多くの神経ブロック

主に顔面の痛みなどに利用しています。

針治療

神経ブロック治療の補助手段として用いています。