基本情報

○医療機関からのコメント

2017年診断症例として1,153件のがん登録を行った。2016年症例の登録数1,683件と比べ変化があった。これは、2015年の乳腺外科の新設以降、2016年にかけて初回治療継続もしくは初回治療終了後に当院を受診した乳がん患者数が増加した為である。しかし、2017年乳がん症例で、自施設で初回治療を開始した件数は2016年症例より増加した。また、悪性血液疾患、皮膚、子宮、食道、胃、大腸、肺、脳神経部位の登録数も、2016年症例と比較して増加した。

【当院の特徴】
2017年データでは、乳がんが711例(61.7%)と多く、悪性血液疾患125例(10.8%)、子宮がん80例(6.9%)、皮膚がん67例(5.8%)、と合わせて全体のほぼ9割を占めている。その他は肝がん47例(3.1%)、大腸34例(2.9%)の順に多かった。主ながんについては、ほぼ自施設で診断から治療まで施行されている。

【患者の年齢層】
登録患者の平均年齢は64.0歳(男性72.6歳、女性62.4歳)。男女比は約2:8と女性が多い傾向にあった。主な内訳は乳がんが61.4歳、悪性血液疾患71.3歳、子宮がん49.4歳、皮膚がん73.4歳、肝がん71.3歳、大腸がん72.4歳であった。

【患者の医療圏】
患者住所は、半数以上(61.5%)が熊本市内だったが、その他にも菊池9.7%、上益城5.9%、天草5.3%、宇城4.4%、有明3.6%、などの医療圏からの紹介が多い。昨年との比較では八代医療圏からの紹介が増加した。

【部位別治療内容】
乳がんに対しては手術療法、化学療法、内分泌療法と集学的に治療が実施されている。造血器腫瘍は、化学療法が施行されており、自己血末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法も施行されている。皮膚がん、子宮がん、胃がん、大腸がんは手術療法を中心とした治療が行われている。
肝臓がんについては他院で治療後の後治療目的にて紹介になる場合が多いため手術症例は少なく、TACEなどを含む化学療法を施行した症例が多くなっている。

診断年別登録件数(参考)

①患者住所医療圏別登録の状況(2016年診断症例)

患者住所医療圏別登録の状況(2017年診断症例)

②平均年齢と年次比較

平均年齢と年次比較

③発見経緯 5大部位の内訳

発見経緯 5大部位の内訳

④性別主要部位別件数と平均年齢

性別主要部位別件数と平均年齢

⑤性別年代別登録内訳と年齢分布

性別年代別登録内訳と年齢分布 年齢分布

⑥診断年別主要部位別登録件数

診断年別主要部位別登録件数 診断年別主要部位別登録件数

⑦主要部位別病期分類(総合Stage)

主要部位別病期分類(総合Stage) 主要部位別病期分類(総合Stage)

⑧治療施設の内訳(自施設における初回治療の状況)

治療施設の内訳(自施設における初回治療の状況)

⑨主要部位別治療の内訳

主要部位別治療の内訳 主要部位別治療の内訳

⑩5大部位(総合Stage別)の主な治療

5大部位(総合Stage別)の主な治療