トップページ > 病院について > 理事長・院長あいさつ

理事長・院長あいさつ

理事長・院長あいさつ

理事長あいさつ

 当院は、平成29年4月1日から新病院にて診療しています。 建築から40数年から60年が経過して老朽化が著しい新屋敷1丁目の旧病院の建替えは長い間の懸案であっただけに、この度、漸く新病院新築移転が実現し、感無量です。

 新病院の場所は文教地区である大江3丁目のJT熊本工場跡地の一部、1万5,537㎡(4,700坪)で、最新の免震構造で建設された新病院は仮に大震災が起きても病院機能を維持できる強度であり、地域の防災拠点としての役割を果たします。今回の診療機能の整備・充実によって、より高度の医療を提供することが可能となりましたし、地域の医療機関と蜜に連携して、在宅や施設での急変や高齢者の救急対応のバックアップ病床など、地域の在宅医療を支える熊本市の中心部における総合病院機能を有する「在宅療養支援病院」としての役割を果たします。さらには、「地域包括ケア病棟」や「緩和ケア病棟」、乳腺センターや婦人科を中心とした女性に優しい病棟などを配置しています。  明るく、開放的な病室は、療養生活を快適に過ごしていただける環境を提供出来るものと確信しています。

 この新病院開院を機に、『くまもと森都総合病院』は全職員一丸となって、新たな気持ちで「地域のニーズに応え、明るく親しみやすい、地域とともに成長する病院」を目指します。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

医療法人創起会 くまもと森都総合病院
理事長・院長 藤山 重俊